あべっこ雑記

アクセスカウンタ

zoom RSS ものづくりのわかる設計者になるために・・・

<<   作成日時 : 2007/09/27 23:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今、社内の技術部が主催する講習を受けてるんですが、
その一貫で樹脂成型の工程を初めて見学しました。

うちの会社、今でこそほとんどの部品を中国をはじめとする
海外で生産してますが、10年くらい前まではすべて日本でつくってました。

当時の名残?ではないですが、
その関係で今でも成型機なんかを数台所有しています。
名工といえる技術者も多数おられます。

で、これまで1ヶ月にわたって、樹脂成型に関する知識の勉強を
週2×2時間受けてきたんですがその締めくくりとして実際の
成型機を見に行ってきた次第です。


小さな成型部品なんですが装置は結構大掛かり。
金型の出来が一番なのでしょうが、
成型条件を見つけ出す作業もとても重要のようです。

これから部品設計とかしてったら、
中国の成型工場なんかに行ってチェックすることもあるでしょう。
設計者はそこまで面倒みなきゃならんのです。
もちろん技術部など(専門職の方)の支援はありますが。

パーティングライン、ウェルド、アンダーカット、ヒケ、バリ・・・

知らないなんて言えないですね。

家庭の中にもあふれる成型部品。
例えば身近なTVやPCなどの家電製品は大抵そうです。

それをよくよ〜くみてみると・・・
こんなところがヒケてたり、しわがでてたり。
特に、メーカー品じゃない家電物はアレ?なところがあります。


これまで何気なく設計していた部品。
3DCADの発達でどんな部品でも形つくれちゃうんです。
それを成型することを考えると・・・

これからはちゃんと、成型することも頭の片隅に置きながら、
部品設計しないといけませんね。

それこそが、本講習の趣旨だったりするのである。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

ブログ通信簿

ものづくりのわかる設計者になるために・・・ あべっこ雑記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる